ウーマン

iPhoneの高性能を最大限に引き出す複数の機能

使い易さを考慮した選び方

スマートフォン

今までに何度も世代交代してきて、現在の最新のiPhoneと古い世代のiPhoneを比較してみるとその性能の高さは歴然です。端末のサイズ自体はほぼ同じであることにも関わらず、カメラやCPUの性能は更に上がっています。特にiPhoneの売りであるバッテリーの持ちも世代ごとに向上していて、ネットを長時間利用していてもほぼ半日以上使い続けることができるほどになっています。その性能の高さはアプリの動作にも大きく影響してきます。CPUの性能が向上したことによって今までのCPU使用割合を減らすことができ、発熱を抑えることにできるようになりました。結果として、バッテリーの持ちもよくなります。加えて、比較的に処理速度も向上しています。

iPhoneのそれぞれの違いは、性能だけではなく外観にも注目です。最新の機種は端末自体が従来の物よりも大きく、持ち運びに関わる問題があります。少し前の世代まではコンパクトで手のひらに納まるサイズでしたが、最新世代は少し大きめになり、ポケットに入れて持ち歩くのがなかなか難しいサイズになっています。しかし、それと引き換えに画面が大きいためにネットの閲覧がしやすくなったり、動画閲覧がしやすくなるといったメリットもあります。
また、最新の世代にしかないタッチ機能も備わっています。これからはその機能がさらに拡張して、機能をいかしたアプリも登場してくるかもしれません。もちろん、iPhone選びの基準は性能だけでなく使いやすさも重要なところなので、持ち安さや使いやすさ重視であれば敢えて少し前の世代をチョイスするのもよいかもしれません。販売店では、1つ前の世代と最新世代の実物を比較することができるので、使いやすいものを選ぶとよいでしょう。性能などの比較であればネットの比較サイトを利用すると一覧表で記載されているので、分かりやすくなっています。iPhoneの購入を検討しているのであれば、購入前に世代ごとに比較して自身に合ったものを選ぶようにするとよいでしょう。